引越し業者の選び方でお悩みのあなたに

200社以上の引越し会社から、最大10社を一括見積もり!

200社以上の引越し会社から、最大10社を一括見積もり!

引越し費用が、最大50%も安くなる!

また利用したい方は、なんと、95.2%

⇒引越しの最安値が、最短1分でわかります!

引越しに違約金は発生するの?

引越しを行うことを必要としている方ならば、前もって引越し業者に問い合わせをしてから、作業を進める方法が一般的です。利用者は決めた日時に合わせて輸送する荷物をある程度まとめておくことが求められているのですが、引越しが急に中止になってしまったり、延期になってしまう方が存在していることも事実です。このようなケースでは、基本は事情に関わらずに引越し業者で決められている規約というものがあり、当日や前日までの解約の場合では違約金が発生してしまうことが基本です。

 

 

引越し,違約金

 

 

前々日までの解約の場合では違約金が発生しないことが多いので、事前に契約を結ぶ段階で確認をとっておくことも大切です。また、前々日までの解約であっても、既に段ボールや梱包材などを使ってしまった方の場合では、その料金が請求されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 

 

また、解約の理由によっては、違約金が発生しない事例もあるので、特殊な例を持っている方の場合では引越し業者に相談をしてみることも良い方法です。

 

 

 

普通借家契約期間内に引越ししても違約金は発生する?

 

引越しをする際には、借主からすればピークを過ぎた時期を狙って段取りを踏むのがセオリーです。しかし、契約期間内に退去の手続きを済ませると、違約金が発生する問題が生じています。

 

引越し,キャンセル

 

賃貸契約には、あらかじめ借りる期間を定めているものが多く、最低でも2年間住むことを条件としています。この期間内に引越しする場合には、契約を不履行したこととみなして、最大3か月分の家賃の支払いに応じなければなりません。

 

 

 

ただ、違約金には定住していた期間によって変動することが多く、1年以上2年未満の場合は2か月分の家賃が相場と決められています。もちろん、1年未満の場合は違約金の上限である家賃3か月分に相当し、引越しを決意する時にはあらかじめ書面を確認する必要があります。

引越し費用は確実に下がります!

最短1分で、料金相場もわかります!

実績は、1650万件以上!!

⇒超簡単スピード査定

トップページ 体験談 引越し費用を安くする 口コミ・評判 引越しトラブル